フォト

最近のトラックバック

« 碓氷の製糸工場 | トップページ | YUKATA FAIR 2008&明石ちぢみ展 »

富岡製糸場に行ってきました

碓井製糸農業協同組合さんの工場見学の後、国指定重要文化財でユネスコ世界遺産暫定登録リストに登載されている「富岡製糸場」を見てきました。

「富国強兵・殖産興業」のスローガンの下、明治5年10月に操業を始めた官営模範工場として歴史の教科書でもお馴染みの工場です。まさに近代日本の産業はこの地から始まったわけです。頂きましたパンフレットによりますと①必要な繭が確保できる②広い土地が用意でき、町民の同意があった③製糸に必要な水の確保ができる④燃料の石炭が近くの高崎でとれる、という理由から富岡での建設が決まったそうです。フランス人のポール・ブリューナが建設を指導し、フランスから技術者を連れてきました。

こちらの工場で働いた工女さんはこの工場で器械製糸を学び、地元に戻ってから指導的な立場で働くことを期待されていました。

明治26年に三井家へ払い下げられ、35年には原合名会社、そして昭和14年に片倉製糸紡績会社へと渡りましたが、昭和62年3月に操業を停止致しました。

« 碓氷の製糸工場 | トップページ | YUKATA FAIR 2008&明石ちぢみ展 »

富岡製糸場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場に行ってきました:

« 碓氷の製糸工場 | トップページ | YUKATA FAIR 2008&明石ちぢみ展 »