フォト

最近のトラックバック

« 家庭画報 | トップページ | 十日町フェアー »

ぬか釜で炊いたコシヒカリ

ぬか釜で炊いたコシヒカリ
先週の話になりますが、十日町の雪まつりで「特別なおにぎり」を作って、十日町雪まつりに来たお客様に無料配布を致しました。

何が特別かといいますと
米・・・最高級魚沼産コシヒカリ(地元十日町産)
塩・・・笹川流れの自然塩
水・・・苗場山のミネラルウォーター(硬度16の超軟水)
この材料を写真のようなぬか釜(籾殻を燃料とした釜)で炊き上げ、炊きたてのアツアツを、地元のお姉様方(?)が愛情たっぷりに握るのです。
用意したおにぎりはあっという間になくなり、三回300個の配布予定でしたが、急遽変更して、約500個のおにぎりを配布致しました。(因みに以前食べた最近話題の大阪のおにぎり屋「石(GOKU)」を参考にさせてもらうと、控え目にいっても一個300円くらいの価値があるかもしれません。)
更に地元の十日町相撲連盟に伝たわる「ごっつあんちゃんこ鍋」も約400杯無料配布したのです。
これは今年の春に正式発足を予定している「十日町おにぎり軍団」によるPRイベントで、十日町にも「ご当地グルメ」を誕生させようというものです。

このblogでも原宿界隈や東京都内のおいしい店を中心に国内の「おいしい」「うまい」店を紹介していますが、基本的には実際にそのお店で食べた感想、紹介です。

それら様々な料理と比べても、素朴な「おにぎり」、純粋に「コシヒカリ」の味を楽しめる「おにぎり」は決して負けていないのかもしれません。
本当においしいものが、身近なところにある。そんなことを感じさせられたイベントでした。

« 家庭画報 | トップページ | 十日町フェアー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぬか釜で炊いたコシヒカリ:

« 家庭画報 | トップページ | 十日町フェアー »