フォト

最近のトラックバック

« 京都に戻ってきました。 | トップページ | 振袖2012年度版のWEB 公開について »

アテルイとモレ

アテルイとモレ
blogにアップし忘れていた写真がありました。

今週の火曜日の朝、ホテルから八坂神社、高台寺前を過ぎて、二年坂・三年坂を通り、清水寺へと散歩してきました。

清水寺、朝の早い時間だと地元の人達は、逆周りして境内へ入って行きます。

さて、写真は、清水寺の茶屋近くにある碑です。

東北の英雄=「アテルイ(亜弖流爲)」と「モレ(母禮)」の石碑です。

二人の歴史は、高橋克彦氏の『火炎』に詳しい書かれていますが、清水寺を創建した、といわれる征夷大将軍・坂上田村麻呂のライバルであったそうです。

この碑は、1994年に建てられたということですので、できたばかりといっていいかと思います。

東日本大震災以降、こういう東北の歴史にも関心が向かいますね。

※アテルイとモレの一世代前の歴史を、高橋克彦氏が書いた『風の陣』という本もあります。
こちらは牡鹿嶋足と物部天鈴・坂上苅田麻呂が中心人物です。
権謀術数を駆使しすぎて、なんだか頭が混乱しますが、今まで知らなかった歴史なので、結構面白いです。最終巻の文庫本、まだ発売されないのでしょうか?

因みに『火炎』の後は、大河ドラマにもなった『炎立つ』へ続きます。
安倍頼時・貞任&宗任親子や源頼義・義家親子、奥州藤原三代の物語です。

« 京都に戻ってきました。 | トップページ | 振袖2012年度版のWEB 公開について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アテルイとモレ:

« 京都に戻ってきました。 | トップページ | 振袖2012年度版のWEB 公開について »