フォト

最近のトラックバック

« 池上本門寺 | トップページ | 細雪 »

本日の日本経済新聞「また、一つの文化が・・・・・・」

本日の日本経済新聞最終面に、作家・水村美苗さんのコラム「また、一つの文化が・・・・・・」が掲載されていました。

ご自身の体験から、母親の形見のきものについて触れ、「着物文化の終焉」を宣言しております。

しかし、どうなのでしょうか?

夏目漱石の未完の絶筆『明暗』の続編『続明暗』を、夏目漱石研究の末に発表したと聞いて、読んだことはあります。

しかしながら、「着物文化の終焉」を宣言するほどに「着物文化」に関わってき方なのか?

ゴミ袋に業界や帯、長襦袢を入れ、人知れないよう、捨てるような人なのに。

「日本列島の津々浦々で、着物の山を前に途方に暮れているであろう数知れぬ女の人たち」と深い連帯感を勝手に感じられても、困ります。

一方で、きものの山を前に喜びを感じている女性もいらっしゃるし。

若手女流作家で、ご自身のツイッターで、きもの文化を発信し、きものを着たい!と言っている方もいます。

老女扱いされ、あやうく「押し買い」詐欺にあいそうになったせいで、狼狽したのかもしれませんが、全国紙の紙面にて、根拠のない「着物文化」の終焉宣言は、迷惑至極です。

『新・観光立国論』の著書・デービッド・アトキンソンも、十日町市での講演にて、一方的にきもの業界を批判していました。

確かに改善すべき点は多々ありますが、あまり事情も知らずして、「我こそは正義」とばかりの自説は噴飯ものです。

このような似非文化人が、文化を破壊する当事者のように感じます。

« 池上本門寺 | トップページ | 細雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池上本門寺 | トップページ | 細雪 »